これらの基準は、基準案に対するコメントに従い訂正されています。 here. 各々3部から構成されます。

  • イノベーションと実践に関し過度な規定および制限を避けるための広範な原則に基づいた基準
  • 選択の根拠および
  • 何がわかり(✔ )何がわからないか(×)という二つの観点から、基準の適用の意味するところを比較。これにより、実践における基準が適切に説明されることが望まれる。

認可を求める学部が提出するエビデンスに基づいて最終評価を行うため、多様な叙述を含む種類のものが予想されます。これがスキーム展開の次の段階においていかに機能するか、わたしたちはステークホルダーとともにさらに研究していきます。  here参照

A. 多様であること
  1. 経済関連の問題を理解するために、経済学および他の分野から見た広範囲に渡るさまざまなパースペクティブの存在とその潜在的な価値を評価する。

根拠: これにより確実に、経済を理解するためのプルーラリスト(多元主義者)・アプローチの価値が認識される。

Illustrations
✔ このプルーラリストおよびインター・ディシプリナリーな(学際的な)パースペクティブは、本プログラムの背景として明示される。
✔ 図書リストには、経済および他の分野のさまざまな思想の学派の著者が含まれる。
× 経済関連の問題を理解するためのアプローチはいずれも、すべての状況において同等に有効なものとして扱われる (「なんでもあり」など)。
× 「経済学」という用語が、あたかも経済関連の問題を理解するための統一された単一の方法論的アプローチが存在するかのように用いられる。
  1. 理に適った幅広いパースペクティブが、経済分析および意思決定のためのカリキュラムおよび関連事項に組み込まれる (このようなパースペクティブが3以上含まれることが予想される)

根拠: これにより、プルーラリズムが偽りのないもので、形式的な平等主義ではないことが確保される。

Illustrations
✔扱われるパースペクティブは、平衡/非平衡アプローチ、個人主義、社会的前提およびさまざまな倫理的パースペクティブである。
× 扱われるパースペクティブはいずれも、個々の意思決定(新古典的な、基本的なゲーム理論および行動経済学など)に焦点があてられ、社会的側面を無視する。
× パースペクティブの講義は、各学部間の重要な相互作用を見出すことなく、主に縦割り型に行われる。
B. 環境に配慮する
  1. 経済的パースペクティブの講義には、潜在的に意味のある生態系との相互作用を伴う「開放型システム」として経済システムをとらえる観点が含まれる。

根拠: これにより確実に、生態系の危機との関連が講義に含まれる。

Illustrations
✔ エコロジー経済学的パースペクティブが、プログラムの必須単位に組み込まれる。
× 環境は、経済システムへの情報および受信装置としてのみ扱われる。
C. 現実世界
  1. 講義には、多様な背景をもとに豊かに描かれる現実世界システムにおいて学説を討議することが組み込まれる。

根拠: これにより確実に、学説とエビデンスが相互に有効な情報を提供するようになる。

Illustrations
✔ 講義では、学説が反証されたかまたは類語反復である場合にそれを認識するなど、学説をエビデンスによる証明または反証の観点から検討する。

✔ 帰納的および演繹的な推論を等しく重要視し、演繹法では最初に広範囲の仮説から検討する。
✔ 経済的、社会的、生態学的および政治的な分野間の重要なつながりを無視することはせず(広告から生じる不平等性または条件づけなど)、系統的な分析的アプローチをとる。
✔ 南北、さまざまな人種、ジェンダー(無償労働など)、生態学的な現実および社会階層などから生まれるパースペクティブ、背景および問題を含む。
× 学説に最適合するか否かを基に、現実世界の例を選択する。

  1. 講義では、データを含むがデータに限定されない、幅広いエビデンス資料の限界とそれを組み込む価値の理解をめざしその裏付けをする。

根拠: これにより確実に、全範囲のエビデンスを考慮し、エビデンス解釈の影響を理解することができる。

Illustrations
✔失業、GDP、物価指数および貧困などの重要データを明確にするために討議し、論争点を際立たせる。
✔有効な資料として質的エビデンスが含まれる。
✔ 経済の叙述および解釈を明確にし疑問点を挙げる。
✔ さまざまな解釈およびエビデンス資料に基づき、結論を評価し比較する。

× 資料または基本となる叙述および解釈について協議することなく客観的であるかのようにデータが示される。
× 質的エビデンスは無視される。

D. 内省的
  1. 経済的、政治的および社会的な史実の相互作用を研究する、歴史的背景をもとにした経済的パースペクティブを学ぶ。

根拠: これにより、新古典主義的思考を含むが、独立した客観的科学として学ぶのではなくむしろ常に広い文脈に組み込まれる、広範囲の経済的考察の全体像が確保される。

Illustrations
✔ 経済修士課程には、経済思想の歴史に関する必須単位が含まれる。
✔ インター・ディブリナリー(学際的な)修士課程の必須単位または単位に経済思想の歴史に関する初級講義または講義が含まれる。
× 新古典主義経済学が、過去のパースペクティブに優先する客観的科学として示される。
  1. 講義では、経済問題に関するさまざまなパースペクティブの根拠となる仮説および価値について、公正で開かれた省察および批判を促すアクティブラーニングを推進する (講師および生徒両者の仮説および価値を含む)

根拠:これにより、批判的な認識および創造的思考が経済学習の中心になることが確保される。

Illustrations
✔経済政策のさまざまな目的が含む意味の研究 (環境的影響の最小化とGDPの最大化と平等の推進の比較など)
✔ 現実世界の問題に対応するために異なる経済的パースペクティブを用いることからどのような政策の方向が生じるかを検討する。
✔ 企業、NGOおよびコミュニティグループという場を通した多様なコミュニティの経済的パースペクティブとの関わり
✔ 個人および集団がとる経済的パースペクティブに対する背景効果、影響およびその価値の研究 (反響効果など)
✔ シリアスゲームおよびロールプレイングなど、さまざまなパースペクティブ、バイアス、仮説の影響に関する省察を裏づける実践を含む。
✔学生が学習に用いる資料の範囲を多様化し学習能力を強化できるようサポートする。
✔ プログラムの評価プロセスでは、学生の批判的・創造的能力を重視する。
× プログラムは、受動的な学習を支持する講義プログラムに関連するもののみである。
×評価は主に、決定的な証拠を再現する複数の選択肢の質問および要件によってなされる。
E.持続的な改善
  1. 本プログラムを提供する学部は、経済に関する指導へのプルーラリスト・アプローチをサポートする能力および文化を構築しつづけることに取り組む。

根拠: これにより、本学部において現行のプルーラリストおよびインター・ディシプリナリーな(学際的)実践の発展が確保される。

Illustrations
✔各学部にプルーラリズムおよびインター・ディシプリナリティ(学際性)をサポートする専門開発プログラムがある。

✔ 各学部に専門範囲を強化するための募集戦略がある。
✔ 各学部とも歴史的なバイアスを克服するため、ジェンダー、社会および人種のより広い多様性を促進する。
✔ 各学部とも学部間および当大学外のコミュニティとの関係を構築するインター・ディシプリナリー(学際的)およびトランス・ディシプリナリーな(超域的)対話を促進する。
× 各学部ともその学部の分野の研究のみを重視する。